医大生でジャニオタで

玉森くんが好きな私のフリーダムなブログ

臓器と対面

最近学んだことは

医学科で平均以上の顔or優しいor面白い先輩はみんな彼女もち

ということです。

 

 

さてさて。

医学科って1年は一般教養なんですね。だからって医学のこと一切やらないわけではなくて、医療実習とか入門講座とかネズミの解剖とか介護実習とかあるわけです。

 

先週は医療実習がありました。

4人班で2日間かけて研究と臨床を回るんですけど、私の班は研究で病理があたったわけです。

 

うわーもっと楽しそうなとこが良かったーって思ってたらあらまぁびっくり!

「1年生にこれ見せる!?!?」の連続でした。

 

最初はホルマリン漬けされた甲状腺と大動脈とイボを、検査できる形にする工程を見てて「うわー結構甲状腺グロいなー」くらいの気持ちだったんです。

 

そしたら案内役の病理医の先生のPHSが鳴り出して、あれよあれよと大きな子宮が運ばれてきたんです。しかも取り出したてでホルマリン漬けにされてないから赤々としてるんです。

 

手術中に臓器を取り出して腫瘍が悪性か良性かとか調べる「迅速診断」ていうのがあるんですけど、それを行うためだったんですね。

 

場の空気が張り詰めて、すぐに顕微鏡の部屋に数名の病理医か技術者さんかが集まって診断。手術室に電話で結果報告。

 

呆然とする私たちに「ほら、あれ見て来な。子宮。」と指差す病理医。

 

臓器が置いてあるだけなのに「生きてる感」がすごくて、あんまり近寄れませんでした。

 

しかーし、

子宮だけでは終わりませんでした。私たちは解剖して取り出した全臓器を見ることになったのです。

 

指定された部屋に入ると、大きな台の上に給食のパンを運んでくる箱がおいてありました。

 

もちろんパンが入っているわけではなく、取り出された全臓器がはいっているんですね。

 

病理医の先生がその箱のフタに手をかけて、開けようとしたとき、なぜかすごく緊張しました。

 

開けられた箱の中でまず目に飛び込んで来たのは脳。

ゴム手袋をした私たちの手に先生がどんどん臓器をのっけていきます。

柔らかくてひんやりしてて、リアルでした。

 

 

あー医者になるんだな

って感じました。

 

 

 

ただ、正直一番心に残ってるのは白衣で食堂に行く優越感です( ̄∇ ̄)

 

 

広告を非表示にする

双眼鏡の記事から始まった物語

⬇︎の記事を読んでから今回の記事を読んで頂きたいです。ジャニオタは防振双眼鏡じゃなくて双眼鏡を! - 医大生でジャニオタで

 

 

この双眼鏡の記事を書いたのは2016年8月7日。

 

高校3年生、医学部受験を控えているにも関わらずコンサートのために田舎から東京へ出て行った私が「いいもの見つけたから見て!!」という軽いノリで書いた記事です。

 

Twitterはやっていないのですが見知らぬ方が拡散して下さり、たくさんの人に読んでもらえました。

いまもスターをつけてくださる方がいて、励みになってます。

 

Twitter検索で題名を検索しては拡散してくださった方にありがとう、と念を送っていたところ…

 

こんなものを見つけてしまったのです。

 

f:id:kashiope:20170331000805j:image

 

よしひこにこのブログ読まれてるじゃん!!!

 

しかも「あそこに居るのがよしひこくんです」ってwwwwwww

よしひことかすんごい適当につけたあだ名なのに。

本名は「伝承寺政宗」(でんしょうじまさむね)とかカッコいい名前かもしれないのに。

 

よしひこのことハロオタなんじゃないかって書いたり、勝手に内心を推測して書いたりしちゃってごめん。

 

よしひこもまさかあの(清純そうな)女の子がこんなブログ書いて、自分のあることないこと並べ立ててるなんて思わなかっただろうなぁ。

 

 

そしてこれを親友のTちゃんに話したわけですよ。

そしたら

f:id:kashiope:20170331001441j:image

 

いやwwなんて言って会いに行くんだよ

「あの…あなたのこと勝手によしひこって名付けてしまったあの時の女の子は私です。お久しぶりです。」

とか?

 

まぁでも私は

よしひこのおかげで、どんな席でも楽しくコンサートに参加できてるわけだし、

よしひこのおかげで、スターがついて嬉しくて受験勉強頑張れて医学部いけるわけだし、

 

世の中なにがどう繋がってるかわからないよな〜って思うわけです。

 

 

さらに

 

いま私の手元には「地元→東京」のバスのポイントカードがあるのです。

そしてそのポイントカードは既に満タンになっており、一回無料で東京へ行けるのです。

そしてそして私はいま欲しいものがあり、それを売っている店舗は一番近くて東京なのです。

 

よしひことの第2章は開幕を待っているのかもしれません。

 

 

 

恩師に会ってきた

卒業してから塾講師のバイト始めたんですけど、塾長がダンディーなので単純な私は毎日楽しく働いてます。

でも教えるって、相手が勉強できなければできないほど難しいんだって初めて知りました。高度なこと聞かれたほうがまだ教えやすいって思うことが多々あります…(´-`).。oO

 

 

 

先週、高校時代の恩師に会ってきました。

その先生は私が高3になると同時に異動しちゃって、1年間会ってなかったんです。

 

友達が連絡をとってくれたんですけど、ハイソサイアティーでブルジョワジーな恩師は、会うだけじゃなくてランチしましょって誘って下さったんです。

 

待ち合わせ場所に行くとBMで颯爽と恩師登場。

 

「食べれないものある?」って聞かれて「わさびです!!」と即答しました。回らない寿司屋に連れてかれるかもって予想してることが丸見えな回答。

 

恩師は3軒の店を予約してくださってたらしく、私たちの話を聞いてその中からベストなお店に連れてってくれました。

選ばれなかった2軒はどうなるのかなーって思ったら、14:00までに入店しなかったら来ないと思ってくれって伝えてあるらしいです。さすがブルジョワはやることが違う。

 

そして到着したのはオシャレなフレンチ?ぽいお店。

 

ロックファリーやらロックフォールやらのサラダ

豚肩ロースのビーンズ煮込み

フランスパン

ショコラのなんとかムース

フレーバーティー

 

というかんじでした。

まずサラダだけでランチ価格に驚異の500円の上乗せ。

豚肩ロースは異常な柔らかさ。ナイフ不要。

なんとかムースはチョコ&木苺という最強タッグでおいしすぎ。

 

2000円越えのランチなんてこの田舎じゃそうそうお目にかからないけど、ブルジョワな恩師はごちそうしてくれました。

 

食事中のお話で心に残ったことが、

 

「女性にとって医者になるっていうのはこの上ない幸せよ。」

 

「普通の大学生はキラキラした学生生活を送るだろうからそれを見て羨ましいと思うかもしれないけど、あなたたちは将来もっと素晴らしい違うキラキラした世界を見ることができるのよ。」

 

っていう恩師の言葉なんですけど、なんかすごく自分の進路に自信がもてました。

 

検察官、弁護士、裁判長、教師、商社で働くキャリアウーマン、霞ヶ関で働くキャリアウーマン、などなど色々ななりたいものがあった私なので、本当に医者になるのでいいのかなって思うこともあったけど、恩師と話して医者になるぞ!って改めて思いました。

 

 

 

ふぁーーー明日キスマイの当落…

お願いだからおばあちゃん連れてかせてください!!

あとみっくん舞台おめでとう。

 

広告を非表示にする

高校卒業しました。映画12本見たよ。

昨日無事に高校卒業しました。

 

3年間、本当に楽しくて、幸せで、あっという間だった。

 

もうそんな日々を大好きなメンバーと過ごすことができないのが本当に寂しい。

 

 

 

最近Amazonプライムの1ヶ月無料体験に登録して、たくさん映画見てるので12本の中からベスト1だけ紹介します( ´ ▽ ` )ノ

 

見たのは

f:id:kashiope:20170304213350j:imagef:id:kashiope:20170304213958j:imagef:id:kashiope:20170304214008j:imagef:id:kashiope:20170304214031j:imagef:id:kashiope:20170304214056j:imagef:id:kashiope:20170304214113j:imagef:id:kashiope:20170304214124j:imagef:id:kashiope:20170304214154j:imagef:id:kashiope:20170304214215j:image

f:id:kashiope:20170304214230j:imagef:id:kashiope:20170304214233j:imagef:id:kashiope:20170304214347j:image

 

ベスト1は…

阪急電車」!!!

これは原作を結構前に読んでたっていうのと、大好きな中谷美紀さんが出演しているっていう理由で見ました。

 

ありきたりな感想だけど、暖かい気持ちになる。

ちょっと辛いなー悲しいなーって時に見るといいかも。

 

見た後に中谷美紀さんのことをさらに好きになって、画像検索したら綺麗すぎた

f:id:kashiope:20170304215013j:image

 

 

皆さんの期待値が高いであろうララランドは、

寝ました

でも所々のダンスや歌はすごく良かった!!正直映画じゃなくて舞台でやればいいと思う。

 

 

 

 

私の受験記

ブログ名変えた後に読者さん増えたってことは、これ聞きたいんじゃないかな〜と思ったので覚えてるうちに残しておきます( ´ ▽ ` )ノ

 

最初に言っておきますが、私はセンター有りの推薦入試で国立大医学部医学科に合格したので、二次試験は受けていません。

けれど二次対策はずっとしていたし、推薦入試で落ちたら同じ大学の一般入試で合格するつもりだったので、推薦入試対策用受験記ではなくて、普通の受験記として書いています。

二次試験を乗り越えてないくせに!って思われる方はGo backでお願いします。

 

 

 

〜中学校

私が住んでるところは田舎で、お受験とか中高一貫とはは無縁でした。

 

塾はたくさん選択肢があったけど、中学校卒業つまり高校受験終わるまで一切行きませんでした。

 

 

 小学校は本当に宿題しかせず。

 

小学生の低学年で、あるきっかけから「医者になる。」と決めました。けれど家族に医者はいないし、夢を言うのが恥ずかしくてあまり誰にも打ち明けなかったので医者になる難しさは全く知りませんでした。

 

だから医者になると決めた後も宿題しかせず。

 

習い事は頑張ってたけど、その中で勉強系はそろばんだけ。そろばんは小3〜小学校卒業まで続けて、珠算暗算とも1級とりました。

 

中学校も本当に宿題しかせず。

 

なんとなく医者になるのは難しいと知り、私の県ならTOP1、2くらいの高校に行かないといけないと気づくも、習い事がいそがしくて宿題しかせず。

 

でもテスト勉強はちゃんとしてた。何よりもテスト勉強の計画立てを頑張ってて、全員提出必須の計画表をびっしり埋めてた。そしたら私の卒業後に入学した弟の学年に、私の計画表のコピーがお手本として配られてた笑

 

多分一回の定期テストの計画立て(一週間分)で4時間くらいかけてたはず。それでテスト勉強1日目は潰れてたけど、そのことを「いいこと」って言ってくれた担任の先生のおかげで3年間続けられた。

 

中2くらいからは定期テストはほとんど1位だった。これが本当に謎。なんでいきなり1位になったのか不明。それまでは上位10パーセントって感じだった。(上位10パーセントっていっても本当に100人規模の学年で半分は高校は職業科に進学なかんじ)

プレッシャーで余計テスト勉強は頑張ってた。

 

 

 

高校

なんだかんだテスト勉強だけ頑張ってたおかげで県で1番の高校に合格。っていっても田舎だから開成!灘!みたいな感じには程遠い公立の高校。多分、頑張ればほとんど誰でも入れると思う。

東大にやたら力いれてる学校で、いいときは現浪含め20以上受かる。医学部合格者は20いかないかなーくらい。

 

そこでの勉強はやばかった。

ここから教科別でいきます。

 

 

英語

まず一年生のときは英語英語英語!!って感じで、担任が英語の先生だったのもあるけど英語ばっかりだった。

 

授業の予習はもちろん教科書全訳。英語だけで3種類の授業があるから予習はみんなヒーヒー言ってた。

 

やたらめったら配られるテキストの英長文はノートに全て和訳して提出。さらには東大意識した100字要約も必須。

もちろん問題しかとかない人もいたけど、基本真面目な私は全部やってた。

 

それにも関わらず文法テストで100点中50点とかとってたけどね。

 

でも先生を信じてたから、点数上がらなくても英語の勉強は真面目に言われたことを全部やるっていうのを続けてた。

 

そしたら2年生中盤くらいから成果が出てきて、

定期テスト英語学年1位

医進模試英語上位5%(浪人も含め)

ってくらいに成長した。

これも本当にいきなり起こったことで、多分1年生のときの努力が成果に変わるのに時間がかかったんだと思う。

 

それが嬉しくて、英語は大好きになった。

 

全文訳とか100字要約とかは3年生になったら全くやらなくなって(先生も要求しなかった)、それどころか英語にあんまり時間を割かなくなった。

それでも最後まで英語は得意で、センターも全教科の中で1番勉強しなかったのに満点だった。

 

やっぱり英語は一回身につけば武器になるっていうのは本当だと思う。

 

英語のオススメ教材は

 

f:id:kashiope:20170222163411j:image

これは1年生の時に、2周は真面目に全部読んで問題も全部解いた。

2年生以降は、文法でちょっとでも疑問を持ったらすぐに開いた。今も捨てれないでいる思い出の参考書。

 

f:id:kashiope:20170222163747j:image

これは2年生以降の長期休暇にやったかな。割と難しいけど、解説がいいし内容も面白く読める長文が多い。結局30番くらいまでしかやらなかったけど、好きだった。

長文読めるようになったのはこれのおかげかもしれない。

 

f:id:kashiope:20170222164036j:image

これは全文訳と100字要約やってた時代にやりこんだテキスト。薄いから全部やりこんで自信にできると思う。

 

こんなもんかな。

単語帳はよくわからない。正直1年生のときしか単語帳真剣にやってないし、いまも単語の重要性はあんまり感じないからオススメはなし。

 

センター対策は人によるけど頻出1000かVintage、あと過去問でいいと思う。頻出1000は満点狙う人向け。私はどっちもやったけど直前は頻出1000を2周と間違えたやつ何周もをしたはず。

 

国語

理系ならいらないとこ多いのに、3年の2学期まで記述もやらされる学校だった。けど3年生になってからはあんまり一生懸命やらなかった。

読書は小中で異常なほどしてたから現代文は読めてたと思う。

 

センター対策はとにかく過去問と配られるテキストをやった。繰り返しはやらず、多くの文に触れること重視。古典は解説の訳を確認した。

 

 

 

数学

これは…本当に何にも言えない…。

英語でカバーしてた…。

 

数学だけ塾いったけど…無理でした…。

 

 数学できる人羨ましいよ…。

 

 

理科

化学生物選択。

生物は得意だった。3年生からはほぼ毎回1位だったはず。これは多分、深く理解しないと気が済まない性格が幸いしたんだと思う。先生への質問は常連だったし、授業中も授業止めて質問してた(そういうのを良いこととしてくれる先生だった)。

 

化学はあんまり好きじゃなかったけど、努力と時間をかけた教科1位かも。おかげで一回だけ1位取れた。

 

理科はなによりも教科書がオススメ教材!!読み込むべし!!書き込むべし!!

自分は「これ超暗記事項」ってとこ(フェノールの作り方とか)に青の付箋はって、「これまだ覚え浅いな〜」ってとこにオレンジ付箋貼ってた。

 

 

f:id:kashiope:20170223115751j:image

これは3、4周した。難しいのもあるし簡単なのもあるからバランス良くできると思う。

 

生物の重要問題集は買ったけど全然やらなかったし、ちょっとだけやった感想だとこと「これに時間かける意味はないなー」ってかんじだった。

 

 

f:id:kashiope:20170223120107j:image

生物はほぼこれしかやってない。

ていうか学校からこれとチェック&演習しか与えたれず…。

でも私の信頼してる生物の先生は「リードα完璧にすればだいたいどこでも大丈夫」っていってた。

 

 

社会

地理選択。何も言えない…。

正直センター勝負の医学部目指すなら日本史のほうが良いのかもしれない。

 

 

 f:id:kashiope:20170223133437j:image

これはオススメ。

かきこんでやりこんだ。センター試験場に持っていったのもこれ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

そんな感じで勉強してました。

 

勉強時間は受験期の場合

平日:朝1時間、放課後1.5時間、家で2時間

休日:学校で6、7時間、家で2時間

みたいなかんじ。

 

土日も含め毎日学校で鍵閉められるまで居残り勉強してた。家より集中できたし、他にも頑張ってる人がいるのは心強かった。

 

推薦で落ちた場合に、二次試験で受かるにはセンター9割あればほぼ確実だと言われたから9割目指して勉強してた。

結局、本番は9割に26点及ばなかったけど、悔いはない。

 

受かったから言えるんだろって思われるかもしれないけど、3年間を通して勉強はなんか楽しかったっていうか好きだった。

そう思える環境に恵まれたんだろうし、そう思わせてくれる仲間に囲まれてたんだと思う。

 

一人ぼっちで勉強するのもいいし、最後に支えになるのは自分の努力だけだけど、周りを見れば仲間がいるっていう環境を自分でつくれたら最高だと思う。

 

あと1番大事なのは、最後まで諦めないことだと思う。本当にありきたりな言葉だけど、私は受験でこれを一番感じた。

問題に取り組んでて、最後の1秒まで見直しすること。解けないって思った時にもう一回頑張ること。これで本当に点数は変わる。

 

 

んー参考になったか分からないけど、これを読んでくれた人が夢を叶えられるといいな。

 

 

広告を非表示にする

東京一人旅

同級生たちが早稲田受験頑張ってる中、私は田舎から東京へ一人旅にやってきました。

 

目的はフェアリーズのLive( ´ ▽ ` )ノ

キスマイも好きだけどそれより前から大好きなフェアリーズ

Liveは18:30〜だったのでそれまでぶらりとしてました。

 

まず、お昼ごはん

事前に調べていった「牛カツ いろは」へ

f:id:kashiope:20170219234110j:image

 

やーーーーばい行列

私の前に並んでたのがゲーマーカップルでDSしてたんですけど、5分に1回くらい彼氏が彼女の頭ポンポンするから気になって仕方がない。

 

30分くらい並んで入店!

カウンターだったから目の前が板前さんでちょっと緊張。

しかもざっと見た感じ7人くらいの板前さんの中の3人はイケメン(*´∇`*)

 

並んでる時に注目を聞かれてたから3分くらいで牛カツがやってきました

f:id:kashiope:20170219234528j:image

 

すんごいレアだからこれで焼く

f:id:kashiope:20170219234623j:image

 

美味しかった!けど前評判が良すぎて感動はしなかったかな。

あと匂いがついてしまって、お店を出た後に池袋駅のホームで自分のことクンクン嗅ぐ不審者になってしまった。

 

 

そーしてルミネエスト新宿へ

大学生になるから服を買いたかったんです。

 

MAJESTIC LEGON

可愛すぎて、3点買ってしまった。

他のお店も周って大満足(^ ^)

 

 

そしてやっとこさフェアリーズのLiveへ

しかし…お台場付近で道に迷う。

青海駅青梅駅を間違えててよくわからない駅まで歩く。疲れる。風が冷たい。寒い。どでかいMAJEの袋預けるためにまたよくわからない駅まで歩く。受験ぶりの試練だった…。

 

でも景色がすんごい爽快でした

f:id:kashiope:20170219235519j:image

 

そんなこんなでやっとたどり着いたZepp東京

f:id:kashiope:20170219235502j:image

 

開場前に並んでたら

「あの上の巨大観覧車おちてきたらどうしよう」って声いろんなとこから聞こえてきて笑った(´∀`*)

 

そして始まったLive!

可愛いしかっこいいし最高。

そしてMy双眼鏡の凄さがまたもや実証された。

 これね↓

ジャニオタは防振双眼鏡じゃなくて双眼鏡を! - 医大生でジャニオタで 

 

 

5月のツアーも発表されたけどキスマイもあるんだな…

 

明日はほぼ帰るだけだけど、1人東京満喫してきます( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

広告を非表示にする

ブログ名変えました

受験終わりました。

ブログ名変えて、どうでもいいやーって記事は削除して(そしたら1個しか残らなかった笑)心機一転、ぼちぼち書いていけたらな〜と思います(^ ^)

 

ブログ名から分かるかと思うんですが、無事医大生になることができました。素敵なスーパードクター目指してくよ。

 

この時期に終わったってことは私立かな〜ってなるかと思いますが、国立です。この辺はおいおい書いていこうかな。

 

気づいたら読者さんが意外と多くいてくれて、びっくりしました!こんなブログ読んでくれてるみなさん、ありがとうございます(*^_^*)

これからも読んでもらえたら嬉しいです。