読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医大生でジャニオタで

玉森くんが好きな私のフリーダムなブログ

ジャニオタは防振双眼鏡じゃなくて双眼鏡を!

 

8/6、I SCREAM入ってきました。

 

 

そして私の中で革命が起きました。まじで見えた。なんでも見えた。なんならみっくんの上腕二頭筋の筋が何本かも数えれた。東京ドームのスタンド1階40列から!!!!!!

 

 

なんの双眼鏡か知りたい?知りたい?絶対防振双眼鏡って思った人多いよね?違うんだな〜♪( ´▽`)

 

こんなウザい振りしたくなるくらい最高の双眼鏡に出会ったお話を。

 

 

 

8/6
13:00 秋葉原メディアヨドバシカメラ3階に降り立つ。店員さんの多さに圧倒される。当初の私のお目当は防振双眼鏡。ガラス張りのケースに入っているものを店員さんに出してもらおうとする。近くにいたのはなんかちょっとイケメンのメガネ40代店員(私の独断による命名で以下よしひこ)。

 

よしひこ!君に決めたーー!

 

私:「すいません、防振双眼鏡のぞかせてもらいたいんですけど。」

 

よしひこ:(ニンマリこいつは大儲けだデュフフ)「はーいどうぞー」

 

私:試してみるも店内を見渡すだけではよーわからん。「これって在庫あるんですか?」

 

よしひこ:「お取り寄せになりますねー。」

 

私:「どこの店舗にもないですか?」

 

よしひこ:「只今メーカー欠品でして…。」

 

私:「あー今日使いたいんですよ…。」

 

2人の間に不穏な空気が流れる。その沈黙を破るかのようによしひこは笑顔を作り言った。

 

よしひこ:(ここで帰すわけにはいかねぇ!こいつはカモだ!)「しょうじきぃー、このご予算がおありでしたらこちらの方が断然おすすめですよ!!」

 

よしひこは23760円と書かれた値札の上に君臨する8倍双眼鏡を指差した。

 

私:(えっ防振の半分以下の値段じゃん)「防振じゃないんですか?」

 

よしひこ:「はい。ですが見えやすさは断然こちらですね。レンズも相当良いもの使ってますし。」

 

私:「えっじゃあなんで今防振双眼鏡がすごく人気なんですか?」

 

よしひこ:「あのぉ〜ジャニーズとかですね、コンサートにいかれる方達がブログで書かれた事によって皆さんお試しもせずにすぐこれくださいって買ってかれるんですよ。」

 

私:(うわぁああジャニオタってバレたフラグ。しかもなんかジャニオタバカにされてね?)「あーなるほど。」

 

そしてその双眼鏡を覗いてみる。

 

私:「えっ明るい…」

 

そう。とんでもなく明るかった。店頭表示によると防振双眼鏡は明るさ10くらいで、その双眼鏡は28とかだったから差は歴然。

 

よしひこ:「そうなんですよー。僕もこれ使ってます。」

 

私:(えっよしひこ…もしかしてオタクなの?ハロプロとか…?)「何に使われるんですか?」

 

よしひこ:「あのー僕写真撮るの趣味でー。片手にこれ持って動物とかの写真撮るんですよ〜」(自慢気)

 

私:(撮る対象は本当に動物なのか?動物は動物でもホモサピエンスのメスじゃないのか?)「へーそうなんですか。これって10倍はないんですか?」

 

よしひこ:(やっべないぞそんなの)「こちら10倍はないんですねー。」(申し訳ない振りでもしとくか)

 

そこから私とよしひこの双眼鏡をめぐる倍率議論が始まる。秋葉原ヨドバシカメラには各ドーム、アリーナの座席表が掲示してあり、距離が書いてある。よしひこは言った。

 

よしひこ:「ここらへんだと〜10倍で見ちゃうとバストアップになっちゃいますね。」そう言ってアリーナ席を指差す。

 

私:(こいつ…アリーナ席のチケットが私の手元にくる確率を知っているのか?甘いんだよ!!!しかもバストアップ?最高!ジャニオタの需要はアップだ!)「んーでもここらへんの席だとどうですかね?」そういって1階スタンド後列を指差す。(勝った)

 

よしひこ:(やべぇ)「んーたしかにここだと見えにくいこともあるかもしれませんね…。」(シュン…)

 

ここでこの議論は私の勝ちとさせてもらおう。

 

議論には勝ったが、今すぐ双眼鏡を欲しいという欲望には負けた。倍率という一抹の不安を抱えながらその双眼鏡を購入した。

 

 

もちろん、よしひこに最後の戦いを挑むことも忘れなかった。値引だ。まぁまぁ勝った。でも価格.comを後から見たら値引き後で最安値より500円くらい高かった。


その500円はよしひことの出会いに払ったとしよう。

 

 

購入した後によしひこに「ありがとうございました。」と戦友として祝杯を交わそうとしたが、よしひこは早くも次の接客に着手しており私は負けた。

 

そうして私は東京ドームへ向かった。着席したのは開演5分前。すぐさまピント合わせに取り掛かる。

 

 

1階スタンド40列から、アリーナ席の案内の文字がハッキリ見える。そして期待と緊張に満ちた数多のオタクが見たくもないのにハッキリ見える。

 

 

そしてコンサートが始まった。
メンバーがどこにいても、私の目の前には常にスクリーンが広がっていた。それも画質はブルーレイDR。

 

防振機能はないが、揺れは気にならない。持ち方をマスターすれば恐らく全く揺れない。

 

重さは600gあるけどすぐ慣れた。

 

みっくんの上腕二頭筋の筋が見えたときは鳥肌がたった。

 

玉森くんの笑ったときの口元のシワが見えたときはニヤけた。


よしひこ…君を信じてよかった。

 

 


お待たせしました。私とよしひこの汗と涙の結晶はこちら↓

 f:id:kashiope:20160807010342j:image

http://s.kakaku.com/item/K0000635417/

 


防振双眼鏡を実際にコンサートで使ったことはないから断言はできないし、すんごく手ぶれが気になる方は防振双眼鏡の方がいいかもしれないです。

 

けど、半分の値段でレンズは防振双眼鏡より高級で、明るさは数値化すると2倍以上。レンズの広さも最大クラス。

 

よしひこは8倍で後列は厳しいかもって言ってたけど、3塁側からだったら1塁側の花道以外なら余裕。

よしひこ…経験値が足りないな。

 

防振双眼鏡を買おうか迷っているあなたの選択肢にこちらを入れてみるのはどうでしょうか?
あーでも防振双眼鏡のほうがいいじゃん!て言われても責任はまっったく持てません。

 

ステマみたいになっちった…